スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行中メモ第9回:南米エクアドルの治安とか総括とか -出発から295日目 エクアドル・ペルー国境-

memo_09_24.jpg

旅行中メモのお時間です。この項目はいずれまとめるタメの情報を忘れないウチに書き出しているものなので毎度乱文ですが何卒よろしく的なアレやコレや。今回はエクアドルの治安や人の印象、物の流通具合、自転車での走行についてメモしておこう。



■エクアドルの治安
なんか2度もカメラ盗まれたお馬鹿さんがいるらしいですが、中央山間部(シエラ)は思っていたほど悪くない印象である。

memo_09_05.jpg
首都キトの新市街地区

memo_09_15.jpg
山間部の小都市アンバト

memo_09_14.jpg
まぁまぁな雰囲気

memo_09_27.jpg
やや危ないとされるキトの旧市街

memo_09_30.jpg
置き引きのほか、カメラやバッグの引ったくりが多いらしい。南米の悪人はアグレッシブだ

memo_09_31.jpg
貴重品は目立たないようにしていればまあ問題はなさそう

memo_09_32.jpg
観光に便利なキトの路面バスの駅

memo_09_28.jpg
中は混雑

memo_09_29.jpg
スリにご用心的な感じ

memo_09_17.jpg
中都市クエンカのメイン市街

memo_09_18.jpg
すばやくカメラが盗難された通り。ゆっくり魔理沙(ぬいぐるみ)も誘拐されました(^q^)

memo_09_22.jpg
沿岸部の町。暑い地域は建物とか服装とかいろいろ適当になるの法則


ただやはり、キト旧市街に代表される人がごったがえしているような場所はいかにもな汚れた服装の陰気な目をした人がチラホラといった具合だし、後述するような南米人(今のところエクアドル・ペルー人しか知らないが)特有の容赦の無さが見受けられ、考えを表に出さない、悪く言えば腹黒いところがある(ように感じる)。中米諸国より悪いといえる。また、太平洋沿岸部(コスタ)はシエラより悪そうだw 年中暑い地域は治安悪いの法則なのか。




■エクアドル人
あくまで個人的に感じた印象だが、ぶっきらぼうで他人に無関心、よそ者に排他的と表現していい人が結構いる。中米諸国の貧困国も治安の悪げな場所はあったが、基本的によそ者がどーとかそういう感じではなかった。のだが、エクアドルさんは「アンタの都合なんて知らんわ」という扱いを受けることがある。

  例:宿にて「今日出てくんだ。南の町へ?フーン。つかアンタ部屋どこ?そこの部屋?まあいいや。んじゃ。ガチャッ!(ドア閉める ※5日間ほど滞在した宿の話
  例:商店にて「釣り銭切らしてるわ(釣り出せないから出直して来い)」 ※2.5ドルの物に5ドル出した時の話
  例:安食堂にて「カメラ盗まれたから警察呼ぶ?いいけど。え?電話なんてないよ。自分で呼びなよ。警察署の場所?あっちの方だよ。詳しくは知らんよw」 ※おいおい


改めてテキスト化すると結構容赦なくてやる夫も涙目……いや怒り沸騰である^^; 


memo_09_10.jpg
キトの郊外。主要幹線沿いに貧民街とかはそんなに無い。ペルーはわんさかある^^;


全体を通して印象に残ったのは、保守的で身内には親しいが外の人間には容赦ないといった感じである。特に所得の低い層ほどこの傾向が強い。もちろんそうでない人もちゃんといるわけだが、やはりこういう扱いの方が強く印象に残らざるを得ないのは残念だ。




■エクアドルの物の流通、自転車用品の入手など
南米でも貧困寄りの国だが、意外といろいろある。首都キトの新市街は高層ビルが立ち並び、安宿の集まるエリアには登山観光客向けに洗練されたアウトドアショップがいくつかある。(旅行中メモ第8回も参照の事)


memo_09_08.jpg
キト新市街にあるアウトドアショップの店内

memo_09_07.jpg
ウェア系は特に充実している

memo_09_09.jpg
MSRのバーナーもある


ドラッグストア、雑貨屋、ネット屋は小さい村でもある。たぶん中南米でこれらが無いような地域はよほど辺鄙なところでない限りありえないだろう。薬類も症状を言えばやや高いが適切な薬を出してくれる。

鼻炎:FLURINOL
咳:AULIN-TABS
(咳は液状タイプの物の方が効果が高い)

電化製品や日用品全般も中米諸国以上メキシコ未満といった印象。キトやクエンカなどの大都市であれば色々揃う。いわゆるスーパーマーケット的な物がやや少ないが物価が安いのであまり気にならなかった。ただカメラなどは流通ルートが遠いためか中米グアテマラの1.5倍、日本の2倍近い値段になっている。


memo_09_16.jpg
クエンカの電器屋


先進的な自転車屋は確認できなかったが、中都市クエンカではヘルメットやサイクルパンツを着用した自転車乗りの集団を見かけることがあった。自転車のメーカーはコナ、キャノンデールなど。おそらく探せばあるのだろう。

あと、PCや電子部品の清掃用に抗菌ウェットティッシュを常備しているが、コレがドラッグストアでは意外と手に入りにくい。と思っていたがPCパーツ系の店に行くと置いてある事が多いようだ。




■エクアドルのメシ
しょぼいw しょぼいというかあまり特徴が無い。

memo_09_12.jpg
どこ行ってもコレ系な感じである。

だいたい米+鶏肉+ポテトが定番である。味付けも塩味+ケチャップやマヨネーズで特に特徴がない。一食2~4ドルで済むので気が楽ではあるが。意外にもパンは結構うまい。中米諸国では硬いパンが多くてずっと敬遠していたがフワっとやわらかい。




■エクアドルのバス
数多く運航していて比較的新しい大型車が多い。自転車の積載もまず問題ない(追加料金を取られる可能性もあるがどのみち安い)。アンデスの山中で停めてもらって乗せてもらえた。体調不良やメカトラブルでにっちもさっちも行かなくなったらギブアップできる。




■エクアドルのATM使用不能がらみの件について
普段クレジットカードを使ってキャッシングしているのだが、本エントリの方でも書いたようにエクアドルではキャッシングができないケースがある。PLUSなど国際基準に対応したカードであっても「Unauthorized Card=無効なカード」と表示され取り付くシマも無い。カスタマーサポートに問い合わせても原因がつかめず結局のところよくわからんのだったが、いろいろ総合して考えるとエクアドルは町銀のような国内銀行が多く、エクアドル外のカードに対応できてないのでは?と推測する(国際的に店舗のあるHSBC、Continental銀行、Scotia銀行などがかなり少ない)。

ただ、ネットで調べてみても特にそういうトラブルは見つからなかったので単にカード側の問題なのかとも思うが詳細はわからずじまいだ。

世界遺産の町クエンカでキャッシングできたのはBancoDeInterNationalのATMのみ。シティバンクはキト、グアヤキルにはある事が確認できたが国内でも指折りの都市であるクエンカには無い。もっともこれは2010年現在の話で、あと何年かすれば状況が変わるかもしれない。




■キトからのアンデス山岳地帯南下ルートについて
標高2800メートルのキトから2200~3500メートルあたりをうろうろする。が、そこそこ平地もあるし、上り坂の傾斜もそんなにキツくなかった(気がする)ので思ったほど大変ではなかった。グアテマラ山間部ではどーも景色がイマイチで正直ウンザリだったがエクアドルは景色がよく、それも相まって精神的に楽だったのかもしれない。


memo_09_11.jpg
遠くまで見通せる

memo_09_26.jpg
どこいっても空は綺麗だ。さすが標高3000メートル

memo_09_25.jpg
意外と平地も多い


補給がやや厳しいのはリオバンバからクエンカまでの区間で、特にチュンチからクエンカ方面に抜ける県境あたりは勾配が厳しい割に町がないので注意が必要。山中の治安については特に現地人から注意喚起を受けなかったが、お国がアレなのでキャンプは人目につかない場所か、商店の敷地内などに許可を得るのがよさそう。このへんの情報はそう遠くないうちにINFORMATION内の項目にまとめると思うのでそちらも参考に。

ちなみに4月に走行したが標高3000メートル前後で朝方の最低気温5~10度、日中は15度前後といったところ。雪は降らない。




■高地から沿岸部へ抜けるルート
クエンカからマチャーラに向かうルートを選んだ。高原から草木がほとんど無い荒野、半ジャングルと景色の変化が著しい。


memo_09_20.jpg
標高が下がるにつれて高原から一面の荒野に

memo_09_21.jpg
と思いきやジャングルに


エクアドル山間部の南端の町ロハ(Loja)から南西へ向かうとショートカットになるが、地図の等高線を見るとロハから低地への道に大きなアップダウンがあるように見えるのと、雨で足止めをくらいやすい、体調悪いなどの理由からクエンカから西に抜けた。このルートもずっと下りかと思いきや100メートルくらいのアップがいくつかある。

ペルー北西部沿岸地帯は景色もよくフラットだが、その先(ピウラ以南)も似たようなものだし、このへんのルート選定は山を取るか砂漠を取るかの好みだろうと思う。




■パナマ、コロンビア飛ばしについて
そういえば書いてなかったので簡単に理由を列挙しておくと。

  ・2010年現在、コスタリカ同様にパナマの治安がやや悪くなってる(らしい)
  ・パナマの物価がコスタリカ同様に高い
  ・ぶっちゃけコスタリカとそんなに変わんなくね?
  ・パナマ発南米行きの航空券がコスタリカ発と同じかそれより高い、らしい。詳細不明。
  ・パナマ運河(笑)

  ・コロンビアは外務省からさんざん渡航自粛が出てる
  ・上記の理由から何かあったときの対応が悪そう(自業自得乙的な)
  ・実は人づてでは南米の中でも評判が高いが、とはいえ犯罪が多いのも事実
  ・リスク覚悟で行くほどの目的地が無い。山はエクアドルやペルーにもあるしナア。

と、まあ個人的な考えをあげると上記のような具合である。意外にもコロンビアは人が親切というのは旅行者の間で評判になっていて興味はあったのだが、自転車だと色々面倒なのでパス。バックパックならヒョイっと行っていたかもしれないが。




■沿岸部の気候
4月だったが非常に蒸し暑く不快。湿度100パーセント近く、夜も熱帯夜。しかしペルー国境を越えて100キロも進むと驚くほど湿度が下がる。




■海外旅行保険を使うに当たって
事故や盗難などで警察を呼んだ場合、ポリスレポートの取得をしておかないと申請が通らないハズである。コレが結構面倒くさいというか手間がかかる。自分なんかは時間に余裕があるので可能だが、短期の海外旅行(しかも海外経験が浅い)だったりすると保険を使うか残りの旅行を楽しむかの二択になるだろーと思う。




■中米編と南米編の間での新装備調達について
コスタリカの首都、エクアドルの首都でいくつか新しい物を調達している。ブログの写真では殆ど伝わらないがせっかくなのでメモしておこう。

memo_09_06.jpg
○白のロングTシャツ
グランドキャニオンで購入した綿の白ロングを走行中の日除け服として常用していたが、さすがにボロボロで穴も空き始めたのでコスタリカ首都サンホセで破棄。当初はコスタリカで買った七分袖のロングTシャツを使う予定だったがエクアドル首都キトのアウトドアショップで化学繊維素材の白ロングTシャツが見つかり購入。TATOOというエクアドルで見られるメーカー製。18ドルとお安いながらも耐久性以外は全て理想的なのでこれは嬉しい。イメチェンだ!ラムザだ!ファイナルファンタジータクティクスだ!

memo_09_01.jpg
○短パン
ユニクロの短パン(出発ギリギリに荷物入りしたので一覧には載ってない)がニカラグアで穴が空いてしまったので、コスタリカで買い替え。Columbiaで良さげな品質の短パンがあったので購入。しかしこの手の商品は正直ユニクロが一番いい。

memo_09_02.jpg
○ipodシャッフル
コスタリカ首都サンホセの電器店で売れ残りの2ndモデルが見つかり購入。メキシコで買ったパチモンの2号機がコスタリカ北部で盗まれてしまったので3号機にあたる。ブログでは全く伝わらないがこれは嬉しい。中身はiTunes次第となるので使用に関して言語の問題は全くない。日本はダウンロード流通をすでに牛耳られてるのでおとなしくiTunesストアに色々入れていただきたい。

memo_09_03.jpg
○マウス
コード伸縮可能な小型タイプを購入。今まで使っていたバッファローの安モデルの感度がクソ悪かった(そんなもんかと思ってた)。しかしネット屋のマウスパッドですら感知できないのは流石にねぇだろうと思いチェンジ。新マウスは20ドルくらいだったがテーブルや布の上でも快適に動作するようになった。

memo_09_04.jpg
○ナイキのサック
いわゆるナップザックって言うのか今の時代でも。10ドル。徒歩での外出時に便利に使っている。観光の場合はだいたいゆっくりが入っている。南米ではネットブックを提げて歩くのも何か怖い。

次回のニコニコ生放送
nicologo.jpg
※最新の情報は「二代目ライブドアブログ版」でご確認くださいませ。
「初代FC2ブログ版」について
※「初代FC2ブログ版」は北米アメリカの出発から南米ペルー編までのお話がまとめられています。南米ペルー以降の続きは「二代目ライブドアブログ版」でお楽しみください。なお、「二代目ライブドアブログ版」にも南米ペルー編までのお話が入っています。内容や写真はどちらも同じです。
プロフィール

someyoung

Author:someyoung
2009年7月15日から
ロサンゼルスより出発
HP本体はこちら
旅行のエントリ一覧はこちら

最新エントリ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
RSSを使う
アクセスカウンター
解除された実績
WebMoney enjoy. Award 2009 ゴールド賞受賞



新作ゲーム(amazon)
旅行ガイドブック(amazon)
自転車用品(amazon)
その他(amazon)
.new {color:red; font-weight:bolder;}
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。